Scala+DBMS+Web スカラ座の夜

2011年8月25日

Scala Web framework !! DB select <- ParameterMap

Filed under: Framework,Scala — admin @ 8:08 PM

URLの引数によって値を取るケース

以下のURLのようにdeptno=30の値を HelloWorldDb3 クラスへ渡すコードです。

http://127.0.0.1:8080/toro/html/helloworlddb3.html?sw=4&deptno=30

parameterMap変数は、JavaのコンテナクラスのHashMap[String,Array[String]]です。

parameterMap.get(“deptno”) 関数によって、deptnoの引数の値を取り出します。
ScalaのMAPクラスではないので、case ではSome(f)ではなく、クラスマッチングで値を取り出し、
Arrayクラスなので配列の0番目の値を取り出します。
その値を toInt関数でStringから整数Intに変換します。

これをSELECT文の条件として使い、データベースに検索します。

import scala.collection.immutable._
import scala.xml._
import seedo.database._

class HelloWorldDb3 {
	var tag:String = null // Replaced original tag
	def setTag(tg:String): Unit = {tag = tg}
	var parameterMap:HashMap[String,Array[String]] = null // Parameter from request of servlet
	def setParameterMap(pm:HashMap[String,Array[String]]) : Unit =  {parameterMap = pm}

	def recx(record:Array[Any]) :Node =  {
			var nodes  = Queue.empty[Node]
			record.foreach{(fx) => nodes += <TD>{fx}</TD>}
			return <TR>{nodes}</TR>
		}
	// Function one argument
	def tb(sal:Int) : String = {
		val deptno = parameterMap.get("deptno") match {
		  case v:Array[String] => v(0).toInt
		  case null => 10
		}
		var sql:Db = null
		try {
			sql = new Db
			sql.select("EMPNO,ENAME,SAL,DEPTNO,JOB,MGR")
				.from("EMP")
				.where("SAL > ?",sal)
				.or("DEPTNO = ?",deptno)
				.orderBy("EMPNO")
			val re = sql.executeQuery
			var nodes  = Queue.empty[Node]
			re.foreach{(rec) => nodes += recx(rec)}
			val xml = <table border="2">{nodes}</table>
			return "HelloWorldDb3 " + new Date + xml.toString
		} catch {
		  case e:Exception =>{
			throw e
		  }
		} finally {
			if(sql != null)sql.close
		}
	}
}

結果

検索して結果は以下のとおり

deptno引数がなしの場合

http://127.0.0.1:8080/toro/html/helloworlddb3.html?sw=4

HelloWorldDb3 クラスのdeptno値は、引数がない場合は10になります。

deptno引数が30の場合

http://127.0.0.1:8080/toro/html/helloworlddb3.html?sw=4&deptno=30

SELECT文の条件にEMP表のDEPTカラムの値が30のレコードもOR条件で加わるので
レコード件数の数が増えています。

deptno引数が20の場合

http://127.0.0.1:8080/toro/html/helloworlddb3.html?sw=4&deptno=20

deptnoの引数の値によりSELECTされた結果が異なっていることがわかります。

helloworlddb3.htmlファイルの中身は、

<!doctype html>
<HTML>
<HEAD>
<title>Home</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</HEAD>
<BODY>
<h2>Example6</h2>
The current time is
<div class="seedo:ews.HelloWorldDb3:tb:2500">emp</div>.
</BODY>
</HTML>

class属性の値が、
class=”seedo:ews.HelloWorldDb3:tb:2500″となり、
ews.HelloWorldDb3クラスを使用しています。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。

Powered by WordPress